出産費用で取り戻せるお金を教えます

MENU

医療費控除

出産をした年は、絶対に忘れてはいけないのが『医療費控除』です!

 

医療費が1年間で10万円を超えた場合、確定申告をすることによって税金が戻ってくるのです!

 

 

滅多に1年間で10万円を超えるような医療費がかかることは少ないのですが、出産の時には、多くの人が10万円超えますので、医療費控除で税金が返ってくるチャンスです!

 

医療費控除は、出産費用だけではなく、他の歯医者さんや眼科などの治療費も合わせて10万円以上になれば申請できます。

 

出産費用が安く済み、8万円くらいにしかならなかった人でも、他の治療費と合わせれば10万円超えることがありますので、しっかりと請求書は手元に残しておきましょう。

 

私も出産をした年は、医療費控除を申請して、いくらかお金が返ってきました。

 

出産費用ではかなりの費用がかかりますので、少しだけでも税金が還付されれば、嬉しいです。

 

タイミングを逃してしまう、還付を貰い損ねてしまいますので、出産した年は申告を忘れないようにしましょう!

 

医療費控除は、当然ながら、『自己申告』ですので、自分で申告をしなければ、当然税金の還付もありません!

 

医療費控除は、出産をしたら、自動的に国や自治体が税金を還付してくれる制度ではありませんので、確定申告の時期になったら、自分で用紙を入手して、請求書などの書類をつけて、申請しないといけません。

 

少し面倒ではありますが、出産費用が高ければ高いほど、戻ってくる費用も多くなるので、忘れないようにしましょう!

 

 

帝王切開や死産なら高額療養費で取り返す方法も!

また、帝王切開や死産をした場合は、『高額療養費制度』を利用して、1か月の自己負担限度額の超過分を取り返すこともできます!

 

例えば、帝王切開でかかった医療費が50万円だとします。

 

 

そして、1カ月の自己負担限度額が30万円だった場合、超過分の20万円が返ってくることになります。

 

高額療養費制度は、その名の通り、医療費が高額になってしまった時に申請をすると、戻ってくるお金が出てくるので、帝王切開や死産をした場合は、是非高額療養費制度を利用しましょう。

 

高額療養費制度の利用は、自己申告ですので、自分で申し込みをしないと、お金は返ってきません。

 

各自治体の保険健康課で、高額療養費制度の詳しい話を聞くことができますので、気になる人はチェックをしてみましょう!

 

ただし、高額療養費制度は、『自然分娩は対象外』!

 

帝王切開や死産などの、特殊なケースしか対象になりませんので、注意が必要です!

 

また、高額療養費制度の注意点としては、対象になるのはあくまで『医療費』です。

 

『個室料』や『食事代』などは含まれません!

 

高額療養費制度の対象となる費用を、よく理解していない人も多いので、申請をする時に、まずはどの金額が高額療養費制度の対象になるのか、ちゃんと自分で整理をする必要があります。

 

ベッド代金や食事代金などを引いていくと、意外に医療費が1か月の自己負担限度額を超えていない場合もありますので、よくわからない場合は、まずは高額療養費制度について、自治体の窓口などで、相談をされることをおススメします。

関連ページ

【1】妊娠高血圧症候群
妊娠高血圧症候群って何?
【2】性感染症
性感染症が出産に与える影響とは?
【3】難産
難産によって出産料金がUP!?
【4】室料
室料は安い方が良い?
【5】休日料金
出産にも休日料金はある!
【6】深夜・早朝料金
深夜・早朝料金ってどこでも取られるの?
【7】時間外料金
時間外料金が加算されるとどのくらい?