時間外料金が思わぬ高額請求になります

MENU

平日だって時間外になれば割り増し!

出産費用で、『休日料金』と『深夜・早朝料金』と同じく、割り増しになるのが『時間外料金』です。

 

通常の診察時間より、1分でも経過すれば、『時間外料金』が発生します!

 

そのため、休日料金や深夜・早朝料金よりも、時間外料金をとられてしまう人は結構多いと思います。

 

通常の診察時間内というと、病院によって多少の違いがありますが、大体は朝の9時〜17時くらいまでなら追加料金は発生しません。

 

夕方過ぎてからの出産については、まず間違いなく時間外料金がつくと思って間違いありません。

 

そして、更に夜が更け、深夜の時間帯になってくると、時間外料金+深夜・早朝料金がセットで加算されるようになってきます!

 

一瞬、「あれ?深夜・早朝料金も時間外の一種なんじゃないの?」と思いましたが、出産では、診療時間外の出産は一律で時間外料金がかかり、深夜や早朝になると、更に追加料金が発生するというシステムです。

 

深夜・早朝料金も時間外料金も、一緒に見えますが、全く違うものとして、別々に加算されてしまうのです!

 

初産の時には、そうした料金の加算システムがわかっていなかったため、請求書を見た時に「なんだこれ!?」と思いました。

 

しかし、周りのママさんに聞いても、やはりどこの病院でも、時間外料金や深夜・早朝料金を設定している所が多いので、出産というのは、こういうものなのだと、今では納得しています。

 

出産費用の計算は、初産の人に難しいのは、やはり割り増し料金の存在があるからだと思います。

 

1〜2万円前後が多い

では、時間外料金は、一体どのくらい取られるのでしょうか?

 

実は、時間外料金は、休日料金や深夜・早朝料金に比べれば一番安く、1、2万円程度で済むことが多いです。

 

 

ただし、時間外料金は、深夜・早朝に産んだ人の場合、自動的に『時間外料金+深夜・早朝料金』が発生してしまいますので、5、6万円の追加料金は覚悟をしないといけません!

 

更に休日だった場合は、4、5万円が追加されて、合計10万円超えの可能性が大です!

 

つまり、平日の診療時間内に産んだ人と、休日の診療時間外の深夜に産んだ人では、10万円程度の差がついてしまう可能性があるのです!

 

安く出産をしたと言う人は、平日の診療時間内の出産の可能性が高いです。

 

私は祝日の深夜に二人産んでいますが、やはり『時間外料金』『休日料金』『深夜・早朝料金』のトリプルコンビの威力は大!

 

産院によって、多少料金システムが違ってくるとは思いますが、『診療時間外の出産は高い』ということを覚えておくと、出産した時にある程度の予想がつくと思います。

 

お産が始まったら、そんなことを言っている場合ではなりませんが、やはり産後に「どのくらいかかるんだろう?」と突然不安になってしまう人もいます。

 

妊娠中は、時間に余裕がありますので、産前に出産費用にはどんな追加料金があるのか、調べておくのが大事です。

 

産前であれば、お金の準備も落ち着いてできますので、産後にいきなり高額請求で慌てないでも済みます。

関連ページ

【1】妊娠高血圧症候群
妊娠高血圧症候群って何?
【2】性感染症
性感染症が出産に与える影響とは?
【3】難産
難産によって出産料金がUP!?
【4】室料
室料は安い方が良い?
【5】休日料金
出産にも休日料金はある!
【6】深夜・早朝料金
深夜・早朝料金ってどこでも取られるの?
【番外編】少しでもお金を取り戻す方法!
出産したら絶対にしたい2つの申請!