深夜・早朝料金の疑問に答えます

MENU

深夜・早朝の出産は費用UP!

昔から、赤ちゃんはよく、深夜から明け方にかけて生まれると言われています。

 

つまり、産院でいう『深夜・早朝料金』が発生する時間帯です。

 

全ての人が、深夜・早朝料金の時間帯に産むわけではありません。

 

しかし、深夜・早朝料金を支払っている人も多いと思います。

 

私もその中の一人で、子供二人を深夜・早朝料金の時間帯に産んでいます。

 

休日料金とセットで、10万円超えの費用が加算されていたのを見た時には、夫婦で目が点になってしまいました。

 

特に休日料金や深夜・早朝料金については、産院から事前に話があったわけではありませんので、まさに請求されて初めて『深夜・早朝料金の存在』を知りました。

 

深夜に出産をする場合、それが休日と重なると、ちゃんと『休日料金』と『深夜・早朝料金』をそれぞれ加算されるんです。

 

休日だから『休日料金』だけ、深夜に生まれたから『深夜・早朝料金』だけが加算されるものだと思っていましたが、実際には『休日料金』も『深夜・早朝料金』も全部まとめて加算されるので、想像以上に高い金額になっていました。

 

これが初産の人には、実に見えにくい料金!

 

実際に請求を貰っても、「みんな本当にこんなに払っているの!?」と、疑問を抱く人も多いです。

 

平日の時間内出産で、「安く済んだよ〜」なんて話を聞いていた人にとっては、「なんでこんなに高いの!?」と困惑をしてしまいます。

 

しかし、深夜・早朝料金は、どこの産院でも請求されますので、計算間違いというわけではないのです。

 

休日料金と同じ位の割り増し料金

では、深夜・早朝料金は、平均的にどのくらいかというと、休日料金と同じ設定になっているケースが多いです。

 

例えば、休日料金が5万円であれば、深夜・早朝料金も5万円程度になります。

 

 

つまり休日の深夜に産むだけで、出産費用は10万円程度が追加されてしまうのです!

 

10万円がいきなり追加されると、出産費用の計算が狂ってきてしまう人もいます!

 

やはりそれだけ大きな金額が動きますので、深夜・早朝料金というのは軽視できません。

 

しかし、赤ちゃんが生まれる時に、深夜・早朝は避けたいなんて言っていられません!

 

陣痛が来てしまったら、その時にやはり産むしかありませんからね。

 

休日料金と深夜・早朝料金は、正直、妊婦にはどうしようもできない料金です!

 

休日や深夜・早朝に産んでしまったら、絶対に加算されてしまう費用なので、最初から深夜・早朝料金や休日料金が請求されるものだとして、出産費用を最初から貯めてしまう方がおススメです。

 

私は初産の時に、深夜・早朝料金や休日料金の加算を考えていなかったため、予定外の出費になってしまい、大慌てしました!

 

自然分娩で出産予定の人でも、帝王切開で出産した場合の費用に、プラス15万円程度を見積もった出産費用を準備したほうが、余裕があっておススメです。

 

最安値で出産費用を準備すると、それだけ臨機応変な対応がしにくくなってしまいます。

 

出産一時金と合わせて、出産費用は100万円くらい用意ができると安心です。

 

関連ページ

【1】妊娠高血圧症候群
妊娠高血圧症候群って何?
【2】性感染症
性感染症が出産に与える影響とは?
【3】難産
難産によって出産料金がUP!?
【4】室料
室料は安い方が良い?
【5】休日料金
出産にも休日料金はある!
【7】時間外料金
時間外料金が加算されるとどのくらい?
【番外編】少しでもお金を取り戻す方法!
出産したら絶対にしたい2つの申請!