出産の休日料金は想像以上に高いです

MENU

土・日・祝日・年始年末は休日診療で料金UP!

出産費用で、「意外に高かったな〜」と思ったのが、『休日料金』です。

 

私の病院では5万円が加算されていました!

 

休日に産んだだけで、5万円の差ですよ?

 

たった1日の違いなどで、5万円の違いになってしまうのですから、驚きでした!

 

休日料金が1万円とか、2万円くらいだったらまだわかるのですが、5万円は高すぎると正直感じました。

 

特に、出産は、「平日だから今日産もう!」「今日は休日だから、やめておこう」なんて、妊婦の力はどうにもできない問題です!

 

いざ陣痛が来てしまったら、平日だろうが休日だろうが、もう産むしかありません!

 

そんな選択ができない状況で、休日出勤の5万円は痛い出費です!

 

私は運が悪いことに、二人の子供が揃って、祝日の深夜から早朝に生まれてきたので、『休日料金』をもれなく取られました!

 

二人目の時には、「またか」くらいにしか思いませんでしたが、やはり初産の時に『休日料金5万円』が加算されているのを見た時には、「この産院、ぼったくりなんじゃないの!?」って思ったほどです。

 

それだけ、休日料金は非常に高いので、初産の人に与えるインパクトは大きいです!

 

更に、『時間外手当』や『深夜・早朝料金』が加わると、予想外の費用になってきます!

 

1、2万円の誤差だったら良いですが、こうした費用が重なると、10万円以上の誤差になってきますので、費用準備がギリギリだった人にとっては、いきなり請求をされても困ってしまいます!

平均4、5万円くらい割り増し

しかし、全国的にみても、やはり休日料金は『4、5万円前後』取られていることが多いため、どこの産院で産んでも、追加料金は避けられません!

 

出産はいつになるのかわかりませんので、どうしても休日料金が気になってしまう人は、産院にどのくらいになるのか、予め聞いておきましょう。

 

私の場合は、初産の時に、休日料金になるなんて考えていなかったですし、そもそも休日料金があるなんてこと自体、全く知りませんでした!

 

そのため、休日料金で5万円もかかった時には、「何これ〜!?」と内心びっくりでした。

 

ただ、請求をされたら、もう支払うしか方法がありません!

 

お金を用意するしか方法がないのです!

 

なんとか主人のカードローンで支払いが間に合いましたが、さすがに2人目の時には、休日料金の痛みを知り、出産費用を多めに用意するようにしました!

 

これから初産に臨む人は、休日料金などでパニックにならないように、妊娠前からちゃんと金策をしておくことをおススメします!

 

休日料金などの割り増し料金がいくつも含まれると、10万円超えは必至です!

 

ちょっと追加される料金としては、かなり痛い出費です。

 

初産の人は、あんまり気にしていない人も多いので、やはり休日に出産をすると、平日よりも割高になるというのを、しっかり理解しておくことが大事です。

 

そうでないと、請求を見てから「え?払えないんだけど!?」と慌ててしまう可能性もあります。

 

出産は分娩費用とベッド代だけだと思っている人は要注意です。

 

関連ページ

【1】妊娠高血圧症候群
妊娠高血圧症候群って何?
【2】性感染症
性感染症が出産に与える影響とは?
【3】難産
難産によって出産料金がUP!?
【4】室料
室料は安い方が良い?
【6】深夜・早朝料金
深夜・早朝料金ってどこでも取られるの?
【7】時間外料金
時間外料金が加算されるとどのくらい?
【番外編】少しでもお金を取り戻す方法!
出産したら絶対にしたい2つの申請!