出産費用が足りない悩みを解決します

MENU

出産費用の明細を見て固まった夫と私

初産の時に、色々な雑誌やネットを見て、「出産一時金があるから大丈夫!」「自然分娩だったら50万円もあれば平気」なんて口コミを真に受けていた私。

 

しかし、実際に請求された出産費用の明細を見た時に、血の気が引きました!

 

というのも、【祝日の深夜から早朝にかけての出産】になったため、【休日料金】【深夜・早朝料金】【時間外】3つの料金が加算されていたのです!

 

この3つの割り増し料金だけで、15万円程度かかりました!

 

割り増し料金の他にも、出産直前になって、これまで感染したことがなかったカンジダが発症し、出産当日に抗生物質を点滴しながらの出産になったので、細々とした薬や処置費も加算されていました。

 

そのため、当初考えていた出産費用を軽くオーバー!

 

でも、主人が手持ちの貯金の少なさから、万が一に備えて作っておいたカードローンのおかげで、何とかその場を乗り切ることが出来ました!

 

もしもカードローンを準備しておかなったから、今頃出産費用をどうしていたのか・・・。

 

思い出すだけでぞっとします!

 

我が家のように出産費用に余裕がない人は、いざ高額請求になった時のために、利用するかどうかは別として、カードローンやキャッシングを利用できる状況にしておくと安全です!

 

 

出産一時金なんかじゃ足りない現実!

現在、出産一時金は、42万円となっています。

 

しかし、自然分娩で健康に産んだとしても、42万円の範囲で収まることは『稀』です。

 

自分や周りの人の経験を聞いていると、平均的に50万円程度はかかっているのが現実です。

 

 

しかもそれは、『平日の診療時間内に出産』し、尚且つ『室料が無料』の場合です!

 

出産一時金の範囲内で済むようなケースは、助産院とか本当に一部の産院だけだと思います。

 

普通の人は、50万円程度かかると、覚悟をして産む方が間違いありません。

 

現実には、私のように、『深夜料金』や『休日料金』や『時間外料金』を取られて、『高額な室料』まで取られるケースは多いと思います。

 

初産の人は、実際に経験するまで、出産でどのような料金が加算されるのか、詳しくわかっている人は少ないです。

 

そのため、産後の高額な請求書を見て、「何かの間違いなんじゃないのか?」とびっくりする人が多いです!

 

でも、周りに聞いてみると、やはり休日料金や深夜料金などを、みんな取られているんです。

 

初産の人は知らないだけで、経産婦は知っている当たり前のことなのです。

 

出産一時金だけで何とかしようと思っている人は、出産費用が足りなくなる可能性がありますので大変危険です!

 

自然分娩で産めると思ったら大間違い!

そして、初産の人にとっては、一番予測しにくいのが、当日のお産状況によっては『自然分娩を断念』することもあるということです。

 

私はお産がスムーズだったので、自然分娩ですぐに生まれてしまいましたが、お産は人によっては大変時間がかかります!

 

骨盤の形、お母さんの体力、赤ちゃんの大きさなど、色々な要因があると思いますが、さすがにお産が2日も続くと、母体の体力がなくなってしまい、赤ちゃんを産むために必要な『いきみ』が出来なくなってしまいます。

 

長時間に及ぶ難産は、赤ちゃんの生命にも影響しますので、医師によって、「続行不可能」と判断されれば、帝王切開へ切り替えられるケースがあります。

 

ところが、出産費用というのは、自然分娩と帝王切開では、料金が違ってきます!

 

自然分娩で出産費用を考えていた人にとっては、帝王切開は寝耳に水!

 

帝王切開は自然分娩の1.5倍くらいの料金になるため、自然分娩のつもりでいた人にとっては、予想外の出費になってしまいます!

 

自分が自然分娩のつもりでいても、その時の状況によっては、帝王切開になる可能性もありますので、出産費用は、いつ帝王切開になっても良いように、十分余裕をもって準備することが必要になってきます!

 

 

無料の相部屋が奪い合い!?

更に、出産費用に大きく影響するのが、『室料』です!

 

室料に関しては、個人によって、それぞれ考え方が違いますよね。

 

 

出産なんて、そう何度もないので、綺麗な部屋でゆっくり過ごしたいとお金をかけることを厭わないタイプもいれば、少しでも高額な出産費用を抑えたいと思う人もいます。

 

もともと室料が高額になることを覚悟をしていた人は良いですが、デキるだけ室料を安く抑えたいと思っていた人にとっては、実は一番厄介な問題なんです!

 

というのも、当日の状況によっては『部屋が選べない』なんてこともあるんです!

 

出産は大体の予定日はありますが、いつ出産するかなんて、誰も正確に把握している人はいません!

 

そのため、部屋の事前予約を受け付けていない産院なんかでは、『産んだ人から好きな部屋を選ぶ』というのが基本であり、当日の状況によっては、無料の相部屋を希望していても、希望者がたまたま殺到していて、高級な個室しか残っていない場合は、高級な個室に入らないといけなくなってしまうのです!

 

そうした室料や個室の選び方については、産院から説明がありますので、そういうシステムになっている産院が嫌な場合は、確実に希望の個室を用意してくれる産院を選ばないといけません。

 

 

更新履歴